公金や税金の支払いでポイント還元

投稿:2015年3月10日 更新:2015年10月16日

公金や税金の支払いでポイント還元

税金や公金の支払いにクレジットカードが利用出来るのをご存知ですか?
一般のサラリーマンだと、クレジットカードの支払いにより、1%でも戻ってくれば、年間にすると1,000円以上にはなるのではないでしょうか。

自営業の場合には、10,000円以上戻ってくることもありますので、利用しない手はないと思います。今回は、そんな支払いについてご紹介します。

 

税金や公金の利用出来る支払い方法

クレジットカードが「楽天カード」等、1%の還元率の場合

---公金---
【水道代】 Yahoo!ウォレット (月 約3,000円の場合、年間 約360円お得)
【電気代】 クレジットカード (月 約7,000円の場合、年間 約840円お得)
(口座振替の場合には、口座振替割引(月54円)が適用されます。クレジットカードの還元率が低い場合には、口座振替の方がお得になる場合もあります。)

【ガス代】 クレジットカード (月 約6,000円の場合、年間 約720円お得)

---税金---
【住民税】 nanaco(100,000円の場合、年間1,000円のお得!)
【国民年金】 クレジットカード (1年前納で、年間 約4,972円お得!)
【国民健康保険】 nanaco(200,000円の場合、年間2,000円のお得!)
【固定資産税】 nanaco(100,000円の場合、年間1,000円のお得!)
【自動車税】 nanaco(40,000円の場合、年間400円のお得!)

 

公金だけの場合には1,920円、税金も自分で支払っている場合には11,292円も還元されます。必ず支払わなければならないものですので、少しでも安くなるなら利用したいところですね。

私の場合は、1.75%還元されるREXカードを利用しているので、さらに還元されます!公金の支払いで3,360円還元されます。税金の支払いはと言いますと、nanacoの場合、REXカードは利用出来ないのです。

 

nanacoで税金の支払いを間接的にポイント還元

通常はクレジットカード払いが出来ない税金でも、nanacoを使うことで、間接的にクレジットカードで支払うことが可能です。それはnanacoのクレジットチャージ機能を使う方法です。

nanacoのチャージをクレジットカードでおこなうことで、クレジットカードの還元を受けられます。ただ、このクレジットカードが、利用出来るものが限られており、還元率の多いものだと、「楽天カード(JCB)」や「リクルートカード」になります。

楽天カードはJCBでなければ還元されないようですので、気をつけましょう。
還元されるものは、色々と利用していきたいですね!

関連記事

関連記事はありません。

記事の共有

記事が気に入っていただけましたら、共有していただけると嬉しいです(^^)

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)