格安スマホ(格安SIM)の用途別おすすめプラン

投稿:2015年3月30日 更新:2016年12月9日

格安スマホ(格安SIM)の用途別おすすめプラン

「スマートフォンの月額料金が高い」、「スマートフォンにしたいけど、そんなに利用しない予定なのに月額料金が高い」「スマートフォンだけど、通話はほとんど利用しない」という方は、格安スマホ(格安SIM)が良いかもしれません。

格安SIMにすることでスマートフォンの月額料金は3,000円くらいにすることが出来ます。格安SIMでは、通話し放題等のサービスはないので、この金額に20円/30秒の通話料金がプラスされる形になります。

格安SIMは、今は各社が競い合っていて、利用者にとってはとても嬉しい状況になっています。そこで、現在(2015年3月30日現在)の格安SIMのかんたんな紹介をしてみたいと思います。

 

一番安いプラン

一番安いプランでは、データ通信専用プランの場合、月額約900円で高速通信の容量は3GBが標準となっています。音声通話機能付きのプランの場合は、月額約1,600円になります。音声通話機能付きのプランであれば、今まで利用していた電話番号を引き継ぎ(MNP)出来ます。

docomo等で、3GBのパケットプランにする場合、パケットパックの月額3,500円と、通話し放題の月額2,700円、SPモードの月額300円で、合計で月額6,500円になります。

格安SIMにすることで、月額4,900円(税抜)の料金を下げることが出来ますが、あとは通話料金次第ですので、通話を多く利用する場合には、docomo等の方が良い可能性もあります。

また、今回おすすめするIIJmioは、高速通信の容量を超過した場合でも「バースト転送」という機能で、最初の1~2秒くらいは高速通信が利用出来るようになっています。ですので、ネットの閲覧程度であれば、変わらずにある程度はサクサクと利用出来ます。動画の閲覧等のように、続けて高速通信のやり取りが必要になってくる場合には、速度が制限されている状態では高画質の動画の閲覧は厳しいかと思います。

他にも、通話料を半額にするアプリが用意されており、いつも利用している電話番号で、いつもと変わらずに通話料を10円/30秒にしてくれます。(通常は20円/30秒)詳細はIIJmioのサイトでご確認ください。

・一番安いプランでのおすすめ
 >> IIJmio の詳細はこちら

 

動画をたくさん見る方、高速通信を多く利用したい方

高速通信が5GBであれば、データ通信専用で月額約1,500円、音声通話機能付きのプランで月額約2,200円くらいです。

さらに必要であれば、7GBであれば、データ通信専用で月額約2,200円、音声通話機能付きのプランで月額約2,900円くらいです。10GBであれば、データ通信専用で月額約2,600円、音声通話機能付きのプランで月額約3,300円くらいです。

高速通信の使い放題のプランを提供している会社もあるのですが、使い放題の影響で、速度が結構遅くなってしまうという話しをよく聞きますので、よほどのことがない限りは、上記の容量が限られたプランを利用することをおすすめします。

さらに大容量のプランは、家族で分け合うことが出来るプランも用意されています。分け合うことで、さらに割安な月額料金で利用することが出来るようになります。高速通信が5GBであれば、データ通信専用で月額約1,300円、音声通話機能付きのプランで月額約2,000円になります。

・高速通信を多く利用したい方でのおすすめ
 >> IIJmio の詳細はこちら

・高速通信使い放題がある格安SIMのおすすめ
 >> U-mobile の詳細はこちら

 

日毎に高速通信の使える量を制限したい時

これまで紹介したプランは月毎に高速通信が決まっている、一般的なプランになりますが、格安SIMでは、日毎に高速通信の決まっているプランもあります。日毎に決まっているプランの方が、高速通信の使える容量が分散されているので、容量の管理がし易いということが言えます。

例えば、月毎のプランだと、月の最初の方で動画をたくさん観たりして、高速通信の容量をたくさん利用した場合に、月の後半に高速通信の容量を気にしながら利用するような事も考えられます。

日毎のプランであれば、動画を多く観すぎても、一日に観られる通信量は限られているので、自動的に観づらい状態になり、そしてまた次の日には、高速通信の使える量がリセットされ、同じように早い状態で利用出来るようになります。通信量は限られているといっても、速度が遅くなってしまうだけで、ネットが使えなくなるわけではないので、メールやLINE等であれば、普通に利用出来ます。

ただ、逆に言えば、毎日のように動画は観ないけど、たまにたくさん観たいというような時には、一日に観られる量が限られてしまうので、月毎のプランの方が向いているかもしれません。使い方次第で色々な方法が選べます。

・日毎に高速通信の使える量を制限出来るおすすめ
 >> OCN モバイル ONE の詳細はこちら

 

通話料の無料サービスを付けたい時

格安SIMでもY!mobileだけは、通話料が無料になるようなサービスを提供しています。通常のプランだと、10分間の通話が月に300回までは無料になります。ほとんどの簡単な通話であれば、このくらいの時間で終わることが多いと思いますが、友達などとの長電話をする時などは、この時間は簡単に過ぎてしまうと思います。

その場合には、月額1,000円をプラスすることで、docoomo等と同じような、完全に誰とでも何回でも無料になります。基本料金は月2,980円で高速通信は1GB、3,980円で3GB、5,980円で7GBとなっており、通話料のサービスが付いている分、割高になっています。

また、この料金はMNPによりdocomoやauから移動してきた場合に、2年間だけ適用される料金になるので、3年目からはプラス1,000円になります。つまり3年目からは3,980円で1GB、4,980円で3GB、6,980円で7GBとなります。

それでも、docomo等に比べれば、1,000円~2,000円くらいは安く利用出来るようになります。しかも、格安SIMではあまりない、スマートフォンが実質無料で購入出来るようなプランもあるので、結構おすすめです。家族同士もこちらを利用すれば、実質無料(10分間の通話)になります。

・通話料が無料になるサービスを付けたい時のおすすめ
 >> Y!mobile の詳細はこちら

 

このように格安SIMでは、色々なプランから自由に選ぶことが出来るようになっています。たくさんありすぎて、どれを選べば良いかわからないといった時に、少しでも参考になれば幸いです。

関連記事

記事の共有

記事が気に入っていただけましたら、共有していただけると嬉しいです(^^)

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)